天井クレーン

月次・年次点検

厚生労働省が定めている「労働安衛生法・クレーン等安全規則」により、クレーンを設置している事業者は定期的に月次・年次点検を行わなければなりません。定期検査を行う上での資格・免許は特に定められていませんが、クレーンメンテナンスに熟知した技術者でなければ気づけない故障もあります。私たちが大切にしているのは現場担当者様の声。お客様に代わってクレーン性能を最高の状態に維持することはもちろん、担当者様とのヒアリングの中から重大な故障の予兆の感知と安全性向上のためのアドバイスが行えると思っています。

性能検査

3トン以上のクレーンを設置している事業者は、2年毎に所轄労働基準監督署長または、性能検査代行機関の性能検査を受検し、定期的に検査証を更新することが義務づけられています。審査日には、検査官の指示のもと過去3年間分の月次・年次検査の資料の準備と、荷重試験の実施を行う必要があり、検査の結果次第では故障箇所を修理するまでクレーンの操業停止を余儀なくされることも。

ニューズでは、日頃からの月次・年次点検はもちろん、性能検査当日の荷重試験及びそれに伴うウェイトの準備、動作試験やたわみ測定などの立会いも代行しています。また、性能検査を受検するにあたって、故障箇所の改修のみのご依頼も承っていますので、お気軽にご相談ください。

オーバーホール

長年使用してきたホイストからオイルが漏れたり、故障を予兆するような異音が聞こえたりはしませんか?ニューズでは月次・年次点検に合わせて、2〜3年毎に定期的にホイストをオーバーホールすることをお勧めしています。通常の点検作業ではできない、細かな部品単位での修理・洗浄・劣化部品の交換ができるため、突発的な事故の予防はもちろん、新品時の性能状態に戻すことで作業効率の向上が期待できます。

取り扱い商品・メーカー